得意なことは、人に言われないと気づかないという話。

スポンサーリンク



Pocket

「いや、これくらいふつーでしょ。」

 

こんにちは。好きなことについて話すと、語りすぎて気持ち悪がられる系ブロガーのこんたっきーです。

最近ほんとに自己紹介が長いです。

苦情は来てないのでこのまま行きます。

 

 

 

「いやいやいやそんなことないって!!!!!」

 

「いやいやいやそんなことないって!!!!!」

というツッコミ。

人生でもらった経験ありませんか。

私は何度かあります。

今日は、

「自分の得意なことは、自分で気づけない。」

というお話。

なんか、「きかんしゃトーマス」の始まりってこんな感じだよね。

 

 

 

 

あなたの得意なことって何ですか?

上の写真は何にも関係ありませんが、

私は24mしか泳げません。

 

さて、あなたの得意なことは何ですか?

ブログ、ファッション、グルメ、節約、投資・・・

考えればいくつか思いつきますが、

 

それ、どうして「得意!」と言えるんですか?

 

 

 

 

 

もしかして、

誰かに、そのことについて

褒めてもらったことはありませんか?

 

そうなんです。

自分の特技って、

他人から評価されて初めて、

「あ、私ってこれ得意なのかもぉ〜」

という認識になるんです。

全ての人がそうとは限りませんが、

私は褒められると嬉しいし、もっとやってみよう!という気持ちが湧いてきます。

そこで何度もそれを続けることで、得意になっていくんですね。

 

 

 

 

どうも、私は「落書き」が得意らしい

 

絵の世界は上には上がいるので、1ミリもすごいと思わないのですが、

他所様から見ると、私は落書きが得意らしいです。

ほんとに謙遜なしに大した絵は描けないのですが、よくお褒めにあずかります。


 

確かに、落書きは「好き」です。

何も考えないでその辺にあるものを描いたり、適当な絵を見つけて真似して描いたりすることには、

時間を忘れて取り組めます。

そこに「得意」という考えは全く浮かんでいなかったんですけどね。

人から「すげぇ!」と言われたり、

賞をもらったりすると嬉しいじゃないですか。

単純にそれが動機になって続けているのかもしれません。

意識はしていませんが、潜在的に。

 

 

褒められるまで、評価されるまで、続けられるか。

 

「得意なことがない。」と言っている人。

褒められるまでは努力する必要があります。

 

しかし、そのものが「好き」な人は、

その「努力」を、「努力」と感じないんですね。

 

だから自然と上手くなるし、自然と認められる。

 

好き→続ける(努力する)→認められる→もっと好きになる(もっと努力する)→認められる→繰り返し

 

このサイクルをいかに素早く回すか、

いかに苦しまずに回すか。

ここがポイントですね。

 

このサイクルの最大のポイントは、続ける(努力する)の部分です。

ここで9割の人が脱落します。

ここを乗り切るためにすることはただ一つ。

「継続」です。

続けることが、何より大切です。

 

 

みなさんも得意なことを見つけるために、

何か一つ、続けてみましょう。

 

以上、ブログを続ける自分をけしかけるための記事でした。

 

おーしまい!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です