部活やめたい。行きたくない。それでいいんだよ。

Pocket

部活が大嫌いだった

この記事を読んでいるあなたは、部活嫌い。

もしくは過去に嫌いだった方ですね。

私も同じです。

 

私、小学校、中学校と野球をしていました。

高校ではテニスをし、一年でやめました。

「やめるなら入るなよwww」

「なんでやめたの?」

たくさんいろんなことを言われました。

 

どうして私は、なぜ嫌いなはずの部活をやっていたのか。

 

 

みんな部活に入っていたから。

ただ、それだけでした。

「仲間はずれは嫌だ・・・」

「だれかいたほうがいい・・・」

「なんとなく、入らなきゃない空気・・・」

昔から、なれ合いの人間関係はあまり得意じゃないんです。

 

それ、学校だけの変わった空気ですよ。

これは言い切ります。

社会に出たら、部活なんてなんの関係もありませんから安心してくださいね。

嫌なものからはしっかり逃げましょう。

立ち向かってばかりだから、精神がおかしくなるんです。

学校ではぜひ、逃げ方を教えるべきです。

「がんばろう!」「負けるな!」

これだと人間倒れますからね。

 

こんにちは。部活の存在理由がわからない系ブロガー、こんたっきーです。

 

私は部活が大嫌いでした。

なぜ嫌いだったのかというと、

自分の時間が、他のだれかに奪われている感じがしたからです。

 

野球は好きでした。遊びではやるし、見るのも好きです。

ただただ、人に放課後の時間をあやつられるという感じが大嫌いでした。

 

 

 

今、「部活やめたい」と思っている君へ

 

やめたらいい。

 

 

君が今、部活を続けなくてはいけない理由を考えて見てください。

「友達がいなくなるかも」

「部活に迷惑がかかる」

「親や先生に文句を言われる」

色々あるでしょうが、

そこに自分の思いは存在していますか?

あなた自身が、部活を続けたいと思う心はありますか?

 

ないのなら、今すぐやめましょう。

周りからは色々な声があがります。

「続けたほうがいいよ。」

「やめたら勉強がんばるんだな?」

「やめる意味ないって!」

 

考えて見てください。

あなたに部活をやめないほうがいいとアドバイスを送っている人たちは、

部活をやめたことがあるんですか?

 

ほとんどのアドバイスをくれている友達は、部活をやめたことがないでしょう。

 

部活を続ける、続けないは、あなたの意志で決めましょう。

自分の思いを大切にして、

「やめたい!」と思ったらやめるべきです。

続ける理由は見当たりませんよ。

 

 

 

 

部活をやめるメリット、デメリット

先に言っちゃうと、デメリットなんてありません。

いいことばっかりですよ。

 

 

 

 

部活をやめるメリット

1、時間がたくさんできる

あなたが使いたかった放課後の時間は、あなたのものです。

やりましたね。1日2〜3時間をゲットできます。

何に使いますか?ゲーム、YOUTUBE、マンガ、アニメ・・・

なんでもできます。

「部活やめたんだから勉強しなさい!!!!!」

いますよ。そう言ってくる人は。

大勢います。

勉強は、その人たちのことをなだめるために、してやってください。

なだめる必要がないなら、やらなくていいです。

まずは自分の好きなこと。

それを突き詰めてやりましょう。

これ、大切ですよ。

 

2、ストレスが消える

あんなに大嫌いだった部活から急に解放されると、

ストレスが軽減されるなんてもんじゃありません。

消えます。

行かなくていいんですもん。

本当に気持ちが楽になります。

最初にも話した通り、部活は自分の時間を奪います。

嫌いなことをしていた時間を全て好きなものに使える。

マイナスだった時間が、一気に全てプラスの時間に変わります。

このメリットは強烈です。

 

3、自分のことを大切にできる

 

部活をやめるには、それなりのエネルギー、そして決断が必要です。

だからこそ、部活をやめることは、

自分を大切にすることにつながります。

今の世の中は、がんばることにエネルギーを奪われがちです。

 

もっと自分を守るためにエネルギーを使ったり、逃げることにエネルギーを使ってもいいんです。

たった1度の人生。嫌いなことなんか1つでも少ないほうがいいですよ。

 

 

 

 

 

部活をやめるにあたって、出てくる思い

やめたら何しよう

ほぼ100パーセント、これを思うでしょう。

「勉強に集中する。」

これはやめてください。

無理だから。

疲れますから、他のことにしてください。

 

部活をやめて、社会人となった私からは、

1、好きなことを、徹底的にやりこむ。

2、すぐにやめてもいいから、やりたいことを全部やってみる

この2つに取り組むと、勉強するより将来の役に立ちます。

と、アドバイスしたいです。

 

1、好きなことを徹底的にやりこむ。

 

得意なことや好きなことは、やりこまないと見つかりません。

大人になってもできますが、

心が柔らかく、たくさんの感情を持った少年少女のうちにやったほうが、

より色々なものを吸収できます。

徹底的にやりこむというのは、中途半端じゃないことです。

ゲームならゲームを、全力でやり尽くしてください。

内容的にも、時間的にもです。

そしてやりこんだら、それを発信してください。

YOUTUBEでも、ツイキャスでも、今は発信のツールがたくさんあります。

これによって、

「好きなことをやりこむと、誰かの役にたつ」

という経験を若いうちにして欲しいのです。

ただ、中途半端にやらないこと。

発信するなら10万再生、100万再生を目指して、

徹底的にやり込みましょう。

 

2、すぐにやめてもいいから、やりたいことを全部やってみる

 

1を見て、「徹底的にやって飽きたらどーすんだよ」と思った方。

 

それでいいんです。

得意なことや好きなことって、なかなか見つけるのが難しいんです。

それは、あなたに合わなかった。

部活と一緒ですよね。

やめて別のことをしたらいいんです。

誰かに決められて好きなことをしているわけではありません。

好きなことには「自分のやりたいと思う意志!」があります。

でも、合わなかったらさっさとやめていいんです。

どんどんいろんなことを経験して、

自分に合うものを見つけましょう。

なんでも経験してみてくださいね。

自分に合うものが見つかるまで、やめにやめまくったらいいんです。

 

 

まとめ

部活をやめたいと思ったら、

やめる。

○部活をやめると、

1、時間がたくさんできる

2、ストレスが消える

3、自分を大切にできる

 

○できた時間で、

1、好きなことを徹底的にやる

2、すぐやめていいので、やりたいことを全部やる

 

「部活やめたい・・・。」

と思っている人は、山ほどいます。

でも実際にやめる人は、少ないです。

周りの目が気になるから。

嫌な部活をそのまま続ける人は、

大人になっても嫌な会社をなんとなくそのまま続けます。

 

あなたは1人だけ。

迷ったら行動だ。

自分のことを大切に。

逃げてもいいんだよ。

部活をやめてよかったと心から思っている。こんたっきーでした。

 

おーしまい。

 

2 件のコメント

  • 部活が嫌で、タイトルに惹かれて見にきました。
    (吹奏楽部です)

    私の中学校は 全校部活制で、校則で部活に入らないといけません。
    部活をやめても、他の部活に転部しなければなりません。

    ですが、このブログを見て、少しは心が軽くなった気がします。逃げても良いんだって分かりました。

    周りの目が気になるので、やめる事は 今は出来そうにありません。一応、皆をまとめる役割の1人なので。
    部活の皆といるのは楽しいし、ただ、先生が厳しいのと 自分が下手過ぎる事、休みが少ない事が嫌でやめたくなります。

    もう少し頑張ってみます。それで もし無理になったら、きっぱりやめます。 ありがとうございました!

    • 桜子さん

      読んでいただいた上に、コメントまで!ありがとうございます。
      がんばっているからこそ、逃げたくなる時もありますよね。
      部活をやめられない状況は、本当に大変です・・・。
      でも、「逃げてもいいんだ」という気持ちを絶対に忘れないでください。
      嫌なことがあったときも、「別に私いつでも逃れるしー。」
      と思うだけで気持ちが楽になりますよ。

      また、実は部活をやめたいと思っている友達を探すのもおもしろいですよ。
      ちなみに私は高校時代、同じく部活をやめたいと思っている友だちを見つけ、
      意気投合して部活をやめました!!!

      もし、部活をやめたいと思っている友達が見つからなくても、安心してください。
      確実に味方が一人、ここにいますからね!

      うまいことまとまってカッコつけられたので、ここまでにします。

      最後に一言! がんばるな!!!! 桜子さん!!!!! 

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です