【雪国直伝】初心者必見!雪道の歩き方【スベらんなぁ】

スポンサーリンク



Pocket

雪道の歩き方!

 

 

こんにちは。雪国レベル74くらいのブロガー、こんたっきーです。

雪、好きですか?

雪国に暮らす私たちでも、初雪はテンション上がりますよやっぱり!

 

最初はな。

 

3月にもなったら、もはや舌打ちされるレベルで嫌われる。それが、雪です。

 

でも、大雪や吹雪など、厄介なこともしばしば。
雪とは歴戦を繰り広げ,長い付き合いなんです。

そして私たち雪国の民は、何気なく,雪道の歩き方をマスターしているんですよ。
ちびっこもなかなか転びませんからね!

大雪が予想される今週,
雪道初心者の皆さんに,歩き方を伝授します!

 

 

 

 

足全面で着地(ペンギンっぽく)

「ここ絶対スベる!」と思うと,

なぜかつま先で歩いてしまいませんか!?

それ,ダメですねぇ。

つま先だけで、氷の上に立つ・・・

転びますねぇ・・・。

ではどうするか。

接地面を増やしてください!
つまり,

ペタペタと、足の裏を全部を付けて歩くんです。

ペンギンの歩き方を浮かべてください。
あんな感じです!
ペタペタと地面に足を置いていくイメージですね。

ちなみに坂では,歩幅を狭くし,ペタタタタタと歩いてください。

擬音多すぎですが,ペンギンの歩き方でお願いします。

 

 

 

 

後ろに蹴りすぎない。

陸上選手とかって,前に進むためにめちゃめちゃ後ろに足を蹴り出しますよね。

あれは陸上のトラックのみでやった方がいいです。

雪道であの足の運びをすると

キレイなムーンサルトが決まります。

着いた足は,こねくり回さずそのまま素直に前へ。

後ろにあまり足を運ばないのでちょっとスピードは出ませんが,

いのちだいじに

で,お願いします。

 

 

 

黒い路面は要注意!雪の上を歩いて!

 

一見,乾いてそうな黒い路面。
夜なんかは特に注意ですよー。

ブラックアイスといって,ツルツルではなくトゥルトゥルになっているときがあります。

「光ってたらそりゃツルツルでしょ。」

と思ったあなた。

光ってないのにすべることもあるんです。

そんなときは,近くの雪の上を歩きます。
雪は,氷よりはグリップが効いて滑らないんです。

トゥルトゥルよりも,雪の上を歩いてくださいね。

しかし!まれにブラックアイスの上に新雪が積もっていて,盛大にスライディングをしちゃうこともあります。

それを防ぐには,

人の足跡を通っていってください。

一度安全が確認されていますので,新雪にダイブするよりは生存率が若干上がります。

 

 

雪は友達!

 

と,小さい頃は思っていました・・・。
大人になるとやっかいですが,冬を感じられる素敵なものです。

安全に気をつけ,雪道を踏みしめ,雪のめずらしさを噛みしめてください!

 

おーしまい。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です