【500円で】投資信託のメリット・デメリット【買えちゃう】

スポンサーリンク



Pocket

前の記事で、投資信託と株の違いについて書きました。

【何が違うの】投資信託と株の違い【果物屋さんで例えます】

2018.01.09

今回は投資信託のメリットとデメリットについて!

 

投資信託のメリット

 

美味しい詰め合わせであることが多い!

 

投資信託とは
投資信託は、

”おいしそうな果物がわからないから、プロに選んでもらって買う”

いろんな株をプロが目利きをして、

「自分の代わりに銘柄を選んでもらって買う。」ということ。

でした。

 

果物屋さんが選りすぐりの果物を、選んでくれるんです。

 

 

 

 

じゃあ確実に美味しい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とも言い切れないんです。

 

 

あくまでプロのファンドマネージャーという人が選んでいるので、

 

 

美味しい確率が高い!!!

 

 

と表現するのがいい感じですね。

 

まずい確率はかなり減ると思います。

 

そこでは私たちが、果物屋さんの店主、

つまりファンドマネージャーがどんな仕事ぶりなのかチェックする必要がありますね。

 

 

 

 

もっとも、「プロ」ですので、皆さんすごい人たちばかりです。

 

私たちは、果物屋さんがカゴの中にどんな果物を詰めるのか、

 

つまり

 

ファンドマネージャーが、商品である投資信託に

 

どんな株をどれくらい入れているのかはチェックすべきです。

 

基本、おいしさ満点の詰め合わせになってますけどね。

 

好みの問題です。

 

 

リスクを分散してくれている

 

株に手を出す上で、リスクは切っても切れない存在です。

「リスク」というと、危ないものってイメージないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

それ、違います!

 

 

 

 

 

 

リスクは、「振れ幅」です。

 

スゴーーーーク簡単にいうと、

 

 

20パーセントのリスクがあるとすると、

 

 

20パーセント分儲かる可能性と、20パーセント分損する可能性があるよ

 

ってことです。

 

100円分買った株のリスクが20パーセントだとすると、

 

80円〜120円の間あたりで値動きがあるよー

ってこと。

 

リスクについては後で詳しく書きますが、

 

単一銘柄(リンゴのみってことでしたね)では、

 

その会社が倒産になった瞬間、株が紙くずになります。

投資信託はいろんな会社の株をうまく組み合わせているので、

 

リスク(値動き)をマイルドにすることができます。

 

もちろん、ファンドマネージャーが「ガンガンいこうぜ」ならリスクをいっぱい取る投資信託を作ります。

 

「いのちだいじに」なら、リスクの少ない投資信託を作ります。

 

いずれにせよ、世の人たちが「株」と聞いたときに浮かべる

「大損」というものは、投資信託を活用することで回避しやすくなるんです!

 

 

だから私も使ってるんですねぇ

 

 

500円で買える

安っ。

買えますよ。500円で。

こんな少額でいいのか・・・。

 

しかも500円であのapple社の株とか買えちゃいますからね。

 

単一銘柄だと、100株とか、まとめて買うんですよ。詳しくは株の記事で!

 

超手頃な値段で手に入れられる。はじめやすいですネーーーーーーー!!!

 

投資信託のデメリット

 

んーーーーー。ない。

 

いやほんとないんですよ・・・。

 

あるとすれば、自分で銘柄を選べないことですが、

 

銘柄の目利きができるならそもそも仕事変えるし・・・

 

といった感じです。

 

しいていったら手数料でしょうか。

ただ、高い手数料の投資信託は総じてよくないものが多い。

 

手数料は安いものを選べば間違い無いので、気にする必要はありません。

 

詳しくは投資信託の選び方の記事でお話しします。

 

 

まとめ

 

まっとめー

投資信託はうまいものの詰め合わせ

 

プロがリスクの分散をしてくれてる

 

500円から買える

 

悪いとこ、無い。

 

 

ステキですねぇ!!!!!

 

株(単一銘柄)についてもまとめときます!

 

 

 

おーしまい

 

 

 

 

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です