【簡単】仮想通貨coincheck騒動まとめ【初心者向け】

スポンサーリンク



Pocket

仮想通貨?コインチェック?

2018年1月。

トップニュースですね。さわがれていますね。
形はこうなってしまいましたが,
仮想通貨の存在を世の人に知らしめるという意味では,
意味のある一件になりそうです。

「仮想通貨・・・お金なのか・・・?」
「仮想通貨・・・やばっ・・・。」
「仮想通貨・・・怖いっ・・・。」

この記事にたどり着いた人は,そんな人が多いでしょう。

断言します。

仮想通貨はすごすぎて,近く,世界を席巻します。

これほど未来が明るいものはないんですよ。

 

 

この記事で,
仮想通貨について知り,
イメージが少しでもよくなってくれたらうれしいですっ。

 

先に,言いたいことまとめ

・Coincheckの経営判断は超素晴らしい!
・仮想通貨NEMは一切なんにも100%悪くない。

 

Coincheckって何の会社なのさ?

仮想通貨の,販売所です。

手数料を乗っけて売ってます。

「手数料取るなよ!」

その気持ち,分かります。
その手数料はなにに使われているか。

なんと,払っている分,取引が素早くできるんです。

他の,手数料を取っていない取引所などは,
注文が通らないこともしばしばあるので,
その点では他より優れています。

 

で,今回何が起きたのさ?

今回の問題となったのは,
NEMという仮想通貨が,盗まれたんです。

なんで?

Coincheckが,NEMという仮想通貨を,
インターネット上(「ホットウォレット」と呼ばれていますね)
で管理していたからです。

ネット上なら,不正アクセス(ハッキング)の危険性があります。
だから,目を付けたハッカーがcoincheckを攻撃して奪ったんです。

 

 

「じゃあインターネットにつなげないで管理したらいいじゃん。」

そう。それが,「コールドウォレット」という管理の仕方です。

ではなぜ,coincheckがNEMホットウォレットで保管していたのか。
技術的に難しかったという話がありましたが,実際にそうだったんです。

ビットコインをはじめとする暗号通貨は,
公開鍵暗号という暗号みたいなもので管理しています。

NEMはなんと,最新の暗号を活用しているんです!NEMすごい!

しかし,最新が故に技術が複雑で,
その暗号に関する技術者を要していなかったCoincheckが
NEMのコールドウォレット化に苦戦したようなんです。

最新のものを活用するのは良いことも多いんですが,
今回のように問題が起きることもあるんですね。

 

 

「じゃあ,個人で管理したらいいじゃん。」

 

 

これまたそうなんです。「一応」,あるんです。
個人で管理できるウォレットが。
現在,個人がオフラインでNEMを保管できるハードウォレットは,1種類。
しかぁし!

そのハードウォレットは,

アクセスする権利(「秘密鍵」といいます。)を抜き出す方法が

もう公開されています・・・。

だから、「一応」なんですね。

つまり,やる気になれば,お金を抜かれます。

この点からも,NEMの管理が難しいことがうかがえますよね。

 

 

マルチシグを活用していなかった

NEMには,「マルチシグ」というものが標準装備されています。

簡単に言うと,いろんな人の許可がないとお金を動かせない仕組みのことです。

それが標準装備されているにもかかわらず,

Coincheckはその機能を使っていなかったんです。

 

「いや,使えよその機能。」

んーそのとおり。
そこには,手数料をもらってる取引所として,

スピード感を大切にしていたという事情があったと推測されます。

 

 

「スピード感ってっさっきも話してたね。」

コールドウォレット(オフラインでの管理)では,

資金を一度オンラインにつないでからでないと取引ができません。

これは,手間と時間がかかります。

1つ1つの取引ではたいした手間と時間ではないんですが,

1日に膨大な取引がある仮想通貨界。

ロスが多いことは,会社の損失に直結します。

取引のスピードが遅くなるんですからね。取れる手数料減りますもんね。

常にオンラインなら,そのストレスがなく,スピード感のある取引が可能です。

仮想通貨の取引は,システム(ブロックチェーンのルール)上,

手数料を払ったものから,優先的に取引されます。

Coincheckは販売所形式で手数料を取っている分,

取引にスピード感を持たせなくてはいけないことも,

今回の事件の要因となったかもしれませんね。

 

でも,Coincheckはすごい。

 

問題発生から,スピード感のある対応はすごかった。
2日後には日本円へ換金しての返金を発表。

「レートが低い」や,「そもそも盗られるな」といった意見も見られるが,

そもそも,この不安をあおらないスピード感に感謝し,

優れた経営判断に敬意を表すべきではないでしょうか。

この素早さは,他の会社で簡単にまねできませんよね。
しかも,コインチェックからのアナウンスでは
「返金原資については自己資金より実施させていただきます。」
と書かれています。

これって暗に,

約450億円は払えるだけのお金があります。

と言うことです。

設立数年のベンチャーとしてはありえない稼ぎですよね・・・。

Coincheck素晴らしい!すごーい!

 

そして,渦中のNEM。

 

この通貨は1ミリも悪くないです。

マルチシグ標準装備で,安全性も高い。大変優れた仮想通貨です。

今回は,coincheckがホットウォレットで保管していたNEMに,

ハッカーが目を付けた事件でした。

結果,NEM財団が全面的にCoincheckをバックアップし,

通貨奪還に向け他の取引所も連携しています。

これら一連の動きは,仮想通貨界隈では,
むしろプラスに働いているくらいです。

仮想通貨関連銘柄が軒並み値上がりしていることも,
その件の裏付けとなりますね。

 

まとめ

今回の事件は,通貨の個人管理の大切さと,

取引所のセキュリティー問題改善に一石投じるという意味で、

大変,意義のある事件でした。

仮想通貨元年と言われる今年,1月からとんでもない幕開けとなったが,

まだまだ問題は発生することが予想されます。

我々は粛々と積み立て,管理をしていくことが,大切ですね。

 

最後にもう一度。

仮想通貨はすごすぎて,近く,世界を席巻します。

これほど未来が明るいものはないんですよ。

みなさんもぜひぜひ始めて見てくださいね。

今の時期は、こちらでの口座開設をおすすめします。

 

Zaifで口座開設!

 

 

追記!

2018年3月12日、NEMがJPYになり、返金されました!

これで一時収束でしょうが、NEMにかけられた風評被害が消えることを強く祈ります。

最後にもう一度。NEMは優れた仮想通貨です!

 

 

おーしまい。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です