【ひとりディズニー】まだぼっちディズニーデビューしてないの?【1人最高】

スポンサーリンク



Pocket

一人ディズニーしてきた話

ディズニー。楽しいですよね。

みなさんは誰と行くディズニーが一番楽しいですか?

 

 

 

気の合う仲間と。

恋人と。

家族と・・・

 

そうですよね。

 

 

やっぱり一人ですよねわかります。

 

 

 

 

こんにちは。ぼっちディズニーブロガーのこんたっきーです。
とつぜんですが,みなさんはディズニー好きですか?

私は大好きです。

 

 

 

ディズニーは、素敵な空間です。

 

たとえ一人でこんな感じになっていても

ぼっちディズニー最高!となる直前

 

 

 

こうなります

ぼっちディズニー最高!となった私

 

 

 

 

 

こうなっちゃいます。

ぼっちディズニー最高!となった私のアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年,20代最後の思い出にと,
ディズニーランドへ行ってきました。
ひとりで。

ぼっちディズニー最高!となった私のアップ2

ひとりで。

 

 

 

周りからは,

「マジかよやめとけ」

「うわぁ・・・」

「誰かいないんですか・・・?」

など,多数のどん引き&どん引きをいただきました。

で,どうだったか。

 

 

 

 

 

最高ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

ぼっち最高だよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

ぼっちディズニー最高だが写真同じやん

でした。

 

 

 

 

 

 

一人ディズニーには,夢と魔法とフリーダムが待っていた

 

ただでさえ楽しいディズニーですが,

ディズニーの中でも自分が行きたいところへ,好きなように行けるんです。

これぞまさに

夢と魔法の王国

 

好きなものを食べたり,

ご飯を適当に済ませたり,

 

何だってできます。

しかも一人だと、荷物もとっても少なくて済みますからね!

 

チュロスだって並び放題食べ放題。

チョコレートチュロスは、ワールドバザールを出て左に行ったところにありましたよ。

チュロス100本は余裕

ディズニーって基本的に誰かと行きますよね。

一般の方は。

 

誰かと行くと、もれなく、

「あーこれ乗らなくていいなぁ」

「このパレード待ってる方がいいなぁ。見たいんだけどなぁ」

「いやー今それ食べたい気分じゃないんだけどなぁ」

などという秘めたる想いをかかえますよね!

 

でもみなさん。

一人ではそんなことは・・・ないんです!

 

「この乗り物に待ち時間をあまりかけずに乗りたい・・・」

シングルライダーという制度もあるんです!!!

一人なら待ち時間を短くしてアトラクションを楽しめます!

 

デメリットあんのかこれ・・・。

 

 

 

ということで、ここからは私のぼっちディズニーの体験談をまとめていきます。

「ぼっちディズニーしたいんだけどハードルが高い・・・。」

「ぼっちで行ったら何したらいいんだろう・・・。」

そんな考えのみなさん。

私がそのハードルをへし折って、ぼっちディズニーの世界へ導いてあげましょう。

 

ようこそ。

本物の夢と魔法の王国へ。

 

 

 

 

 

当日のソロ活動

 

ぼっちディズニーへの入り口

11月11日。ポッキーの日。

ポッキーなんかに目もくれず、

開園待ちです。

朝一,開園待ちは当然です。

有意義な1日にするためには、

一人で開演待ちをします。

明治ミルクチョコレートをかじりながら。

誰かと話しながら開園を待つみんな。

一人で夢と希望に胸を躍らせるわたし。

 

 

 

開園と同時にファストパスを取ります。

あらかじめ決められた時間に、ファストパスを持ちアトラクションへ行くと,

優先的に乗せてくれる素敵アイテムです。

今回取ったのは,ハニハン(プーさんのハニーハント)です。

プーさんは,ふつーです。

でもいつも乗れてなかったので乗りました。

ちなみにプーさんのハニーハント周辺ははちみつの匂いがするので、

私くらいの人間になるとプレーンのクッキーがはちみつ味に変わっちゃうくらいの影響を受けます。

 

 

 

 

 

 

パレード待ちも自由自在イヤッホゥゥゥゥゥゥゥ

ハピネス地蔵中の一枚

私は根っからのパレード好きです。

私にはディズニー好きとなるきっかけを作ってくれた師匠がいます。

師匠がショーとパレードが好きだったこともあり、同じく大好きになりました。

 

パレード待ちは夏は暑さとの戦い,

冬は寒さとの戦いです。

 

何時間もその場で待機することから,

地蔵と呼ばれたりもします。

地蔵するために荷物たっぷりの人もいますが、

私の荷物はたったの2つ。両手が空いてて最高です。

 

女性のぼっちディズニーは結構います。

大きなカメラをもち、ディズニーグッズで装備を固めていますが、

女性ゆえ、そこには可愛さが存在します。

 

それが成人男性(アラウンドサーティー)の場合ともなると,

 

オレ「ここ,空いてますか?」

ベンチの人「スッ・・・。(いやっ。何こいつ・・・)」

みたいなことは起きます。

 

 

ディズニーにいながらメンタルも鍛えられるんですね。

ぼっちディズニーってすごい。

メンタルトレーニングはディズニーで

 

 

 

 

 

 

でも,

今話したような、「スッ・・・。(いやっ。何こいつ・・・)」

とやってきた人とは、生涯二度と会うことはないでしょう。

だから、そこまで気にしなくていいですよね。

パレードの振り付けだって、覚えて踊ればいいんです。

みんな見てんのパレードだから,

隣で踊っててもそんなに見られませんよ。

というか自分がそっちを見ない限り、絶対目は合いません。

 

プロジェクションマッピングは口が開いてしまうくらい綺麗

ギフトオブクリスマス最高すぎ泣いた・・・。

 

ちなみにこの日は、2時間パレード地蔵をしました。

でも、誰も文句を言ってきません。

だってぼっちですから。

 

普通に友達と行って2時間もショー待ちしたら、

「・・・ちょっとアトラクション乗ってくるわー。」

「・・・(こいつディズニー来て座ってるだけかよ・・・。もうこいつと来ねぇ)」

とか絶対思われます。

私はそう思われても気にしませんが、

普通、気にします。

 

 

フリーダムの心地よさ・・・

人といいご飯食べるのももちろん楽しいですよ!

ただ、このフットワークの軽さと圧倒的な自由度。

やみつきになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

My 1st Visit

2017年8月から,初めてディズニーにきたお子さんのために,

My 1st Visitというシールがもらえるという企画をやっています。

こんなのも描いてくれるキャストさん優しい

初めてディズニーにきたお子さんのために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてディズニーにきた

 

 

 

 

 

ぼっち野郎

ぼっち

 

 

 

 

 

 

話しかけたキャストさんがとっても親切で,

「ぼっち、ビビりますよねぇ。でもそれは最初だけですよっ♪」

と輝いた笑顔で話してくれたので、

惚れました。

 

 

またこのお姉さんに会うためにディズニーに来ます。

一人で。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスシーズンにあえて行くという冒険心

 

ツリーの下にはカップルの群れ

ワールドバザールにあるツリー。周りのカップルとともに美しく輝いていました。

 

「1年で最もカップルの多いクリスマスにあえて行った理由は?」

という質問を2万回ほど、されました。

時期じゃないんです。

そこに行きたい理由があったら、一人だって行動するんですよ!!!

 

私の場合、私が心から愛する「ミニーオーミニー」というショーが終わると聞きつけ,

居ても経っても居られなくなったんです。

たしかに「ギフトオブクリスマス」というプロジェクションマッピングは,

カップルしか周りに居ませんでしたけどね。ほんっと、カップルだらけ。

でもそんなの関係ねぇ!!!!!!!

 

 

見たいものがあるから行く!

やりたいことがあるからやる!

 

ただ,それだけのことなんです。

 

これってどんなことにも通じる考え方ですよね。

 

周りの目なんて気にしたら負けです。

そもそも,こっち見てる人なんていませんでしたからね!

 

 

 

 

 

 

 

デメリットはないのか

 

「ドリームライツ。光の魔法だねっ。ハハッ!」

 

デメリットなんてないよ。

気になる人には、

デメリット?

出発前の知り合いのどん引き

パーク内でのカップルのイチャコラ

これくらいでしょうか?

 

あとはありません。

いわゆる「他人の目」ですか。

私は他人の目なんて気にならないので,

デメリットはありませんでした。

 

 

 

 

エルサ。エルサん。

 

 

ぼっちディズニーから帰還したとき、

あなたは,ラスボスを倒した英雄扱いです。

鬼ヶ島の鬼を退治した桃太郎です。

 

ひとりディズニーのハードルは,それほどまでに高いんですね。

全然高くないのに。

行ってみたらわかります。

このハードルの低さと、底なしの楽しさがあなたを待っています。

 

 

 

 

 

 

 

なにが一人ディズニーのハードルを高めているのか。

 

羞恥心と周りの目です。

いつも周りの目が気になっちゃう人や,

恥ずかしさや目立ちたくないという気持ちから一歩踏み出せないあなた。

一人ディズニーはその殻を破るにはもってこいの行動です。

ディズニー以上にぴったりの場所はないんじゃないかというくらい,

ぴったりの場所です。

え?でも周りの人の目が気になる?

 

誰もお前のこと見てないから。

全員ミニーちゃんしか見てないから大丈夫だって。

 

 

 

 

 

 

「みんなで楽しむ」という先入観

 

 

「ディズニー行こー?」って誘ったり誘われたりはありますが,

「ディズニー行ってくる。」って宣言してソロで行く人って

いませんよね?あんまり。

それは「ディズニーはみんなで楽しむ場所」という,先入観があるからです。

私は,ディズニーの世界が好きだし,

パレードが好きだし,ショーがものすごく好きなんです。

そこに,「自分以外の誰か」という要素は絡んできません。

誰かとディズニーに行くときは,

「誰かとともに楽しさを共有する」

というメリットは確かにあります。

ただ私は同時に,

「思い通りに行動できない。」

というデメリットを感じずにはいられないんです。

一度,一人ディズニーしてみてください。

あなたがディズニーに求めているものがはっきりします。

それは「世界観」なのか,「他人との楽しさの共有」なのか。

一人ディズニーに行ってみるまで分かりませんからね。

 

 

 

 

 

生涯のネタになる

 

一人ディズニー(男)の話は,

ウケます。

行って楽しかった上に、

生涯に渡って使えるレベルでウケます。

しかも,どの世代にも使える鉄板ネタになります。

やってる本人はそこまで考えていなかったのですが,

そうとう語り種にされています。

そしてさっきも言った通り、

「恥ずかしくて・・・」

とかっていう人は本当に行くべき。

ぼっちディズニーは人生観変わりますよ。

 

 

 

 

まとめ

ひとりディズニー最高

「一人でなんて悲しい・・・。」

「周りの目が・・・。」

そう思ってるあなた。

 

 

 

こんな気持ちが

ぼっちディズニー行こうぜ!

 

 

 

 

こうなります

ぼっちでも楽しいぜ!

 

一人ディズニーやったことあるの?

やらずに語るな!

やってみてください。

この楽しさ,抜け出せなくなります。

 

ソロ。ぜひぜひ挑戦してみてくださいね。

どーしてもソロはちょっと・・という方,

ツイッターで声かけてください・・・。

誘ってください行きますから!!!ね!!!

 

おーしまい










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です