【おすすめは?】1番おいしいホワイトチョコレートは?【白い板チョコ比較】

スポンサーリンク



Pocket

ホワイトチョコレート頂上決戦

 

ホワイトチョコレートもチョコです

ホワイトチョコレートが大好きだ!

そんなあなたに送ります。

そういえば、チョコレートの食べ比べって

何千万人とやっていますが、

ホワイトチョコレートって

案外みなさん食べ比べてないようなのです。

ということで、世界初(当社比)

ホワイトチョコレートの食べ比べを実施!

 

あ、

「ホワイトチョコとかチョコじゃないから…」

という思いを抱いているあなた。

こちらの記事を。

ホワイトチョコも立派なチョコなんです。

 

こんにちは。

チョコブロガーのこんたっきーです。

みなさん、板チョコ好きですよね。

 

 

突然ですが、ホワイトチョコレートって買います?

チョコ感はミルクチョコレートなどにかないませんが、

お上品な感じがして、たまに食べたくなりますよね

 

以前は、ミルクチョコレートの比較をし、

そして、ビターチョコレートも比較をし、

今回は、

ホワイトチョコレートの比較です

繰り返しますが、

他ではホワイトの比較はやってないよ!

 

ではでは、徹底比較してみましょう。

 

 

ホワイトチョコレート比較項目

これを比べます

パッケージ     原材料

栄養        見た目

厚さ        溶け具合

コク        割れ具合

香り        味

 

10項目で比較します。

 

比較項目は、ミルクチョコレートと一緒です。

3社の比較はもちろん、

各社のミルクチョコレートとも比較していきます。

 

 

エントリー商品

 

エントリーしたのはこの3メーカー。

明治 ホワイトチョコレート

ロッテ ガーナホワイトチョコレート

森永 ダース 白いダース

です。

 

3つ揃うと高級感がすごい・・・。

白地に金は高級感が出ますね。

森永はホワイトの板チョコを出していません。

ですから、ダースでいきます。

板じゃないけど

 

 

 

1 明治 ホワイトチョコレート

明治ホワイトチョコレート

 

明治ホワイトチョコレートです。

北海道ミルクを使っています

ちなみにチョコレートに使うミルクは、

液体のままではなく、

「粉乳」という形に加工して使います。

チョコレート検定を受けたい方は

要チェックです

 

パッケージ

 

高級感がすごい。

白地に金の気品が素晴らしいです。

ミルク感を推しています。

他のホワイトチョコレートとどう違うのか、

注目ですね。

 

 

 

原材料

 

砂糖・全粉乳(北海道産)・ココアバター

・植物油脂・脱脂粉乳(北海道産)

/乳化剤・香料

北海道産!

こだわりが感じられます!

国産材料は、安心感をプラスしてくれます

そしてホワイトチョコレート、

カカオマスが入りません。

カカオマスは、カカオ豆を砕き、

すりつぶしてできるペーストのこと。

ホワイトチョコが茶色くないのは、

これが理由です。

そして、植物油脂入り。

加工がしやすくなるので、入れたのでしょうか。

明治ミルクチョコレートには入っていませんでした。

ちなみに乳化剤は大豆レシチン。

天然由来です。

内容量は40g。

 

ホワイトチョコレートは内容量が少ないです。

それは、カカオが高価だから。

カカオバター以外のカカオ分が使えず割高になるので、

内容量を減らして価格を抑えています

 

 

栄養

エネルギー 235kcal

タンパク質   3.4g

脂質   15,9g

炭水化物 19,7g

となっています。

ミルクチョコレートより40kcalほど低いです

ホワイトはカロリー高いと思っていました。

内容量は40g。

ミルクチョコレートより10g少ないです。

3社の中で、最も小さいです。

味が凝縮しているということでしょう

 

 

 

見た目

サイズが違うので、

ミルクチョコレートと成型用の型が違います

でも薄くて心地よい割れ方は変わりません

真ん中のくぼみが大きく、

食べた時の割れの食感が楽しめます。

ミルクチョコレートよりも

モールドの角が少し鋭いですね。

 

 

厚さ

板チョコとしては厚い方に入ります。

厚みがある分、板チョコの形が小さいのは

明治の特徴です。

一口で存分にチョコレート感が楽しめます。

 

 

溶け具合

ミルキーです。

植物油脂が足されている分でしょうか。

練乳のような口どけがあります。

しかしさすが明治!

濃すぎず、さっぱりしすぎず、

ミルキーなチョコレート感が味わえます。

 

 

コク

さすがパッケージで推しているだけあって、

ミルクの濃厚なコクがあります。

ホワイトチョコレートという名前ですが、

ある意味本当の、

「ミルク」チョコレートです。

 

 

割れ具合

わりとパキッと割れます。

これはホワイトチョコレート全般に言えることですが、

質感がやわらかいです。

少し常温に置くだけで、柔らかく口どけが良くなります。

あえて少し常温に置くのも、食べ方としてはありですね。

 

 

香り

ミルキーです。

練乳のような匂いです。

しかし

「カカオマスが入らない」そして、

「チョコにはバニラ香料くらいしか使えない」

ので、各社のカカオのブレンドによる香りの違い

はあまり感じられません。

 

 

さっぱりとしていながらの、ミルク推し!

ミルク感が一番感じられます。

 

美味しく食べ続けられる傑作ですね!

安定の1位です!

 

 

 

 

 

2 ロッテ ガーナホワイトチョコレート

ガーナホワイトチョコレート

ガーナホワイトチョコレートです。

こちらはどこ産のミルクなのか・・・。

他社が書くと、そういう部分が

気になっちゃいます

比較したことがないので、

味が楽しみです。

では早速、研究!

 

パッケージ

こちらは,「ミルクひろがる」

というキャッチフレーズ。

そしてやはりガーナ。

差し色に赤が入っていますね。

ロッテは紙箱を使っています。

ミルクチョコレートの時も思いましたが,

紙のパッケージは特別感がありますよね。

 

 

原材料

全粉乳・ココアバター・砂糖

・植物油脂・乳糖/乳化剤(大豆由来)

・香料

・酸化防止剤(ビタミンE・ヤマイモ抽出物)

 

全粉乳が一番多く入っています。

乳成分が多いせいか,

酸化防止剤が使われていますが,

わたしはそういうの気にしないタイプです。

そして、植物油脂入り。

ガーナには毎度入っていますね。

コクアップですね!

ちなみに乳化剤は大豆レシチン。

 

明治との違いは、

砂糖の分量が少ないことです。

 

ミルクが多い分、濃い味が楽しめそうです。

 

栄養

エネルギー 279kcal

タンパク質     3.6g

脂質    20,8g

炭水化物  19,7g

となっています。

内容量は45g。

 

カロリーと脂質が高いのは,

乳成分の割合が多いからですね。

そしてまさかの,

ガーナミルクチョコレートと同じカロリー

味が凝縮しているということでしょう!

 

 

見た目

1ブロックの大きさが大きい!!!

ここでガーナミルクのブロックを見てみましょう。

 

 

ミルクの時はブロックが小さかったのですが、

ホワイトは大きいです!

 

ミルク感+ガーナ独特の濃さを、

厚みで軽減したんでしょうか。

薄板の部分が多くなっていますね。

 

 

厚さ

見た目にも書きましたが、

ガーナミルクよりはかなり薄いです。

明治とかなり似通った印象を受けました。

板チョコにする場合、

ホワイトはこのくらいの厚さが

ベストということですね!

 

 

溶け具合

 

ガーナといえば、ドロリ。

ねっとりしたチョコ感・ミルク感が味わえます。

全粉乳が感じられます。

濃い!濃いミルク!

1口目のうまさは群を抜いてガーナでした!

 

コク

こちらもガーナミルク同様、超濃厚です。

どろりとした舌触りがコクを加速させます。

ガーナミルクにもあった、

練乳に近いコク

こちらのホワイトでも感じます。

しかし!!!

ミルク感に関してだけいうと、

明治の方が感じられます。

乳製品はガーナの方が多いのに…。

謎です。

 

 

割れ具合

溶けやすく、柔らかい。

明治と一緒です。

カカオの非脂肪分がないため、

個性が出にくい部分ですね。

 

香り

バニラの香りです。

明治より香りは強い印象です。

グッときて鼻に残る、

濃厚なバニラの香りです。

 

 

濃い!

1口目は抜群にうまいです!!!

しかし食べ進めると

ちょっと濃すぎて辛くなる・・・。

以前、

「板チョコって半分まで食べると濃いよねぇ」

という話を友人にしたところ、

「そもそも板チョコって、

1枚全て一気に食べるものじゃない。」

と言われました。

 

 

 

 

これからも1枚全て残さずいただきます。

 

 

ガーナは総合2位。

美味しいですけどね!

 

 

 

3 森永 ダース 白いダース

ダースホワイトチョコレート

森永にはホワイトの板チョコがありません。

カレ・ド・ショコラなどはありますがね。

 

こちらは価格帯が違います。

美味しいですよーこれも。

 

 

パッケージ

紙箱です。

ダースは12粒に分かれているので、

製品を揺れから守ることが大切ですからね。

それに、フタをパカっと開ける感じは

楽しい気分にさせてくれます

 

 

原材料

砂糖・全粉乳・ココアバター

・植物油脂・脱脂粉乳/乳化剤(大豆由来)

・香料

脱脂粉乳!

全粉乳もあるのに!!!

ミルクチョコレートでも、

ホエイパウダーやバターオイルなど、

様々な工夫を凝らしていた森永さん。

さすがですね!

ミルク感を強く出す工夫がなされています。

 

 

 

栄養(12粒換算)

 

なんと1粒単位の栄養表示!

12粒に改めて載せます。

 

エネルギー 240kcal
タンパク質    3.1g
脂質   16,8g
炭水化物 20,4g

となっています。

内容量は42g。

砂糖がトップという点で、

成分が明治に近い分、

栄養も明治に似ています。

ダースって量が少ない気がしてたんですが、

板チョコと変わらないんですね!

 

見た目

かわいい。

ころっと丸く、食べやすい。

そしてかわいい。

 

あと、かわいい(語彙力)

 

厚さ

板ではありませんが、食べやすく、

ホワイトチョコの濃厚さが、

感じやすい大きさです。

 

 

溶け具合

明治よりのミルクの抜けを感じます。

3社の中では最も食べやすいミルク感です。

さっぱりしすぎず濃厚すぎず、

適度な甘さですね。

 

 

コク

厚みがある分、コクを強く感じます。

一口で入ってくる量が多いので、

濃い味が楽しめます。

しかし濃すぎることはありません。

ちょうどいいバランスが取れた味です。

 

 

割れ具合

割れませんw

噛むと、歯はスッと入っていきます。

ホワイトは柔らかいですね。

割れませんと書きましたが、

割る手間がないので楽!

本当によく考えられたチョコです。

香り

香りはふんわり。

3社の中では少ない方です。

香りは3社とも、

大差ありません!

 

大きい粒ですが口当たりが軽く、

12個くらいなら速攻で無くなります。

甘さとミルクのバランスがいいですね!

 

バランスも良く美味しいのです

3位ですが、僅差の3位!

 

 

まとめ

 

チョコレートランキング

1位 明治 ホワイトチョコレート

2位 ロッテ ホワイトチョコレート

3位 森永 ダース 白いダース

ホワイトチョコレート頂上決戦の結果は、

以上のようになりました。

 

ミルク感で明治、

バランスの森永、

濃さのロッテ

と、

チョコも2フレーバーを調査すると、

各社のクセや推しが

わかるようになってきました。

残るはブラックですね。

乞うご期待!

 

 

ちなみに、わたし一押し!

明治さんが作った本気のチョコレート、

ザ・チョコレートも食べ比べをしています!

 

 

 

ではでは以上です!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です