【大人の】おすすめのビターでスイートなチョコレートは?【ブラック】

スポンサーリンク



Pocket

苦めの板チョコ、いかがですか

 

 

板チョコを食べたいけど、

「あれ1枚食べたら太っちゃう・・・」

なんて思ってるあなた。

安心したまえ。

 

ポテチよりカロリー低いから

 

 

こんにちは。

チョコブロガーのこんたっきーです。

 

 

突然ですが、皆さん

この黒いチョコレート、何と呼びます?

①ダークチョコレート

②ビターチョコレート

③スイートチョコレート

④黒いやつ

 

 

正解は、

 

 

厳密な区別はなく、どれでも一緒

のようです・・・。

よく、「ミルクを使っていないのがダーク!」

というのを目にしますが、

最近はダークミルクなるものもあります。

ついでに豆知識を言っておくと、

ホワイトチョコもチョコです

ちなみにこちらの記事では、

ダークミルクも食べ比べています。

 

 

 

 

 

今回はビターなやつらを比べます

 

ついにきました第3弾。

ミルクチョコレートを食べ比べ、

ホワイトチョコレートを食べ比べ、

そして今回は

ビターなブラックチョコレートです!

 

 

 

比較項目

これを比べます

パッケージ     原材料

栄養        見た目

厚さ        溶け具合

コク        割れ具合

香り        味

 

10項目です。

 

比較項目は、

これまでのチョコレートたちと一緒です。

3社の比較はもちろん、

各社のチョコレートの特徴も導き出します。

 

各社のチョコレートを食べると、

その会社の出したい風味が見えてきます。

そんなところまで見えましたよついに。

 

エントリー商品

 

エントリーしたのはこの3メーカー。

明治 ブラックチョコレート

ロッテ ガーナブラックチョコレート

森永 ビターチョコレート

です。

 

森永だけは、「ビター」と名乗っています。

ホワイトには高級感がありました。

黒は黒でスタイリッシュでかっこいいですねぇ

 

 

では実食!

 

 

 

1 明治 ブラックチョコレート

 

明治ブラックチョコレートです。

期間限定パッケージです。

黒字にハートがかわいいです。

付き合ってください。

 

では早速、研究!

 

 

 

パッケージ

ここで早速、

ミルクにもホワイトにもなかったものが・・・!

BLACK  c h o c o l a t e

「c」「c」「a」が赤い!!!

期間限定パッケージだからかと思いきや、

通常パッケージも同じでした・・・!

何か意図がありそうなので、

明治さんに問い合わせてみます。

 

 

 

 

 

原材料

砂糖・カカオマス・
植物油脂・全粉乳脱脂粉乳・
ココアバター/レシチン・香料

ココアバターが少なく、

カカオマスが多いです。

ここで、

唯一ミルクチョコレートだけに

植物油脂が入っていないということが判明。

内容量は50g。

 

内容量はミルクチョコレートと同じです。

 

 

 

 

栄養

エネルギー 283kcal

タンパク質   3.2g

脂質   18,4g

炭水化物 27,6g(食物繊維2。8g!)

となっています。

ミルクチョコレートと
同じくらいのカロリーです。

驚くべきは食物繊維。
約3g入っています。

カカオでしょうか。カカオでしょうね。

カカオって食物繊維ありますからね

 

 

見た目

あ、割れた

ミルクチョコレートより小さい?

ミルクチョコレートと違う
モールド(成型用の型)でしょう。

相変わらず、絶妙な厚さで
パキッっと心地よく割れます。

真ん中のくぼんでいる部分が深く、
素晴らしい食感が楽しめる形です。

 

厚さ

厚みがある分、タブレット(板チョコの形のことです)が小さめの明治です。

厚い部分はコクを、
薄い部分でさっぱり感を作り出しています。

 

 

溶け具合

 

いい余韻を残しながら、
スッと溶けていきます。

ほろ苦さと甘さが両方一緒におとずれ、
あと引きすぎず無くなります。

コーヒーのおともに最適ですね。

 

コク

ミルクやホワイトに比べると少ないです。

乳成分が少ないことが影響しているでしょう。

しかしその分、カカオ感がしっかり感じられるチョコらしいコクが味わえます。

 

 

割れ具合

パキッと心地よく割れます。

ホワイトチョコレートが柔らかめであるのに対して、ブラックは少しチョコレート自体が硬いです。

私はこの硬めの割れ具合が一番好みです。

 

 

香り

カカオ感が強いです。

乳成分が少ない分、チョコらしい香りが

トップから立ち上り続けます。

いわゆるカカオの匂いです。

 

 

苦みの中に甘みが感じられ、

3社の中では最も甘みが感じられる
そんなブラックチョコレートです。

苦味と甘味のバランスが良く、

クセのない完成された味です。

明治のチョコレートの味は日本人に合いますね

 

 

 

2 ロッテ ガーナブラックチョコレート

ガーナブラックチョコレートです。

黒字に金はかっこいいの法則(当社比)

では早速、研究!

 

パッケージ

「甘さひかえめ」というキャッチフレーズ。

赤が少ないとガーナ感がない・・・。

やっぱりガーナは
バレンタインの赤が似合いますね。

なんか違和感を感じます・・・
まぁかっこいいけど!!!かっこいいけどね!

 

 

原材料

カカオマス・砂糖・植物油脂・ココアバター・全粉乳/乳化剤(大豆由来)・香料

 

なるほどそういうことか。

「甘さひかえめ」を
パッケージに載せているだけあって、

砂糖よりもカカオマスが多く入っています。

カカオマスが原材料のトップに来ているのは
ガーナだけです。

これはブラックとしてチョコレートのつよい風味が期待できますねぇ!

 

栄養

エネルギー 287kcal

タンパク質   2.9g

脂質   18,2g

炭水化物 27,9g

となっています。

内容量は50g。

 

そういえば食物繊維の記載はありません。

明治ブラックチョコレートには書いているので、ロッテにはどれくらい入っているのか、気になりますね!

 

 

見た目

ガーナミルクと同じモールドでしょう。

うん。たぶんそうだ。

小さめブロックで濃さがあります。

ガーナ系はとにかく濃厚さを出す工夫がたくさんされていますね。

 

 

厚さ

3社の中でも、板が最も厚いです。

ガーナは厚みでコクと力強さを出してくるということが、3種のチョコの研究の末、見えて来ましたね。

 

 

 

 

溶け具合

ガーナといえば、ドロリ。(3回目)

ねっとりしたチョコ感・ミルク感を味わうことができます。

口の中ではゆっくり溶けて、味とねっとり感が少し残ります。

 

 

コク

さすがガーナ、超濃厚です。

ミルクがないのに濃厚です。

カカオマスで濃厚感を出してくるということは、ガーナ産をはじめとしたカカオのブレンドの仕方に秘密がありそうですね。

 

割れ具合

ブラックですが、溶けやすく、柔らかいです。

ガーナ3種の中ではかたいですが、

今回比較したブラックの中ではダントツで柔らかかったです。

全てのチョコで同じ特徴を出してくる、

ロッテの商品開発はすごい。

 

 

 

香り

甘さが感じられながらも、ビターな香りも楽しめます。

「濃いね。このチョコ。」

というのは、香りからも感じられます。

常温に少し置いた時の香りは、ダントツでガーナが強いです。

空腹時は誘惑に負けちゃいそうです。

 

 

濃い!

カカオマスが多い分、カカオをしっかり感じられる濃さがあります。

ガツンとくるカカオ!
といった感じでしょうか。

カカオ感を感じたいあなたにはダントツでこれをお勧めします。

甘さは確かにひかえめです。

モカマタリなど、苦めのコーヒーとの相性も抜群でしょう。

 

 

3 森永 ビターチョコレート

唯一、「ビター」を名乗ります。

文字通り苦いのでしょうか・・・!

では早速、研究!

 

 

パッケージ

 

「ビター」です。(2回目)

アレルギー表示をパッケージ表側に載せているのは、森永のみです。

「大豆」という字を見ただけで
「レシチンだな。」
と思ったあなた。

順調に成分表示ヲタの道を突き進んでいますね。いいですね。
早くこっちにおいで。

 

 

原材料

砂糖・カカオマス・植物油脂・全粉乳/乳化剤(大豆由来)・香料

ホエイパウダーやバターオイルなどが入っていたのは、ミルクだけでした。

 

内容量52g! 

3商品中最も多いですね。

 

 

栄養

 

エネルギー 293kcal
タンパク質    2.6g
脂質   18,1g
炭水化物 30,1g(食物繊維3、4g!)

 

食物繊維キター

3,4gも入っているんですね!
チョコってすごい!!!

 

 

見た目

割れる・・・

今回買ってから1回どこかで落としたかもってくらい割れる・・・

1ブロックが大きいのはいつも通り。

写真の撮り方もあるかもしれませんが、

チョコレート生地が黒いですね。

そして、今までにないくらい割れやすい。

というか割れてる。

実はこれ、森永のチョコの

厚さに秘密があるんです。

 

 

 

厚さ

森永=薄い。

そして、パキッと割れるのが特徴ですね。

しかもブラックは乳成分が少なく割れやすい。

だから割れたんですよきっと!!!!!

そう!落としたりなんかしてない!!!

きっと!たぶん!!!

 

溶け具合

苦みがしっかり感じられます。

3社の中では最もビターです。
さすが「ビターチョコレート」。

森永さんは3種類とも

「ミルク感」「ホワイト感」「ビター感」を
はっきり出しています。

ザ・企業努力。

 

 

コク

抜けがいい。森永さんは、抜けがいい。

爽やかなチョコレートです。

薄さの影響もありそうです。

コクより、爽やかさがいい味出してます。

 

 

 

 

割れ具合

薄いので「パリッ!」という感じで割れます。

明治よりさらに薄いです。

そして、ブラックの特性上、割れやすい繊細なチョコレートです。

口の中で溶ける直前までパラパラと壊れていくチョコレートはなかなかオツです。

香り

香りは優しく香る程度です。

味と一緒でさっぱりしていますね。

ガーナとは真逆の控えめな香りなので、

加工品に使うと、合わせた素材をうまく活かすことができるでしょう。

 

苦みが先にきますが、甘さもあり爽やか。

ビター(ブラック)系の中では
一番好きな味でした。

これ、オススメです!

 

 

 

 

まとめ

 

チョコレートランキング

1位 森永 ビターチョコレート

2位 明治 ブラックチョコレート

3位 ロッテ ブラックチョコレート

僅差です

 

明治のバランス、

森永の爽やかさ、

濃さのロッテ

と、

チョコも3フレーバーを調査すると、

各社のクセや推しが完全に理解できました。

今後もチョコを食べては比較を繰り返して生きていきます。

ちなみに、チョコレートは食べ過ぎても鼻血は出ませんからね!

 

ではでは以上です!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です