チョコレートは太る?いいえ。太らないですよ。

スポンサーリンク



Pocket

チョコレートは太る?いいえ!太らない!!!

 

チョコレート、太りませんから。

「チョコレートは砂糖のかたまりだわっ!」

「チョコ食べたら太るから・・・(せんべいぼりぼり)。」

タワケェェェェェェェぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!

 

こんにちは。チョコレートで健康になろうの会、会長のこんたっきーです。

チョコレートで健康になろうの会は、

私がこの文章を書いているいまこの瞬間に発足した会ですすみません。

 

みなさん、チョコレート好きですか?

 

 

そうですよね。最高の食べ物ですよね。

ミルクチョコレートホワイトチョコレートビターチョコレート・・・・・

全部最高ですよね!!!!!

 

そんなチョコレートにまつわる長年のうわさ・・・。

「チョコレートは太る・・・」

これ、「嘘です」

「いやいや冗談は顔だけにしてくれ」という声が世界中から聞こえてきますが、

本気です。

では、なんでチョコレートは太らないのか。

ダイエットの天敵、カロリーの観点から証明していきます。

 

 

カロリー比較(VS お菓子)

チョコレートのカロリーは、

ミルクチョコレートホワイトチョコレートビターチョコレートで異なります。

私が検証した中で最もカロリーが高かったのは、50gで298kcalの明治ミルクチョコレート。

よくおやつなどとして食べられる物と比較してみましょう。

カロリー比較

○ミルクチョコレート 1枚・・・ ・・・・・・・・・298kcal

 

・ポテトチップス コンソメパンチ 1袋・・・ ・・・334kcal

・じゃがりこ チーズ 1カップ ・・・・・・・・・・291kcal

・ハッピーターン 1袋  ・・・・・・・・・・・・・358kcal

・スーパーカップ(アイス)チョコクッキー 1個 ・・297kcal

・カップヌードル 1食  ・・・・・・・・・・・・・353kcal

 

 

どうです?

板チョコ1枚のカロリーって大したことありませんよね?

よく、「100gあたり何キロカロリー」と比べられることが多いですが、

私たちが実際に食べるときは、グラムではなく1袋とか1枚とか、そういう単位ですよね。

だから、パッケージ単位で比較する方が現実的なんです。

ポテトチップス一袋や、じゃがりこ1カップはけっこうできそうですが、

板チョコまるまる1枚ってなかなか勇気が出ませんよね。

 

板チョコって1回で全部食べることってなかなかないですよね?

でもまるまる食べてもポテトチップス一袋よりはカロリーが低いんです。

この記事書くまで知りませんでしたけどね!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カロリー比較(VS ジュース)

ジュースってごくごく飲んじゃいますよね。

しかし、ご存知の通り大量の砂糖が入っているようです。

しかもジュースのカロリー表示ってずるいんですよね。

 

ジュースは「100mlあたり」でカロリーを表示しているから。

 

「いやいや500ml入ってるじゃないですかペットボトルに!!!!!」

といつも感じています。

 

早速、比較してみましょう。

 

 

カロリー比較

○ミルクチョコレート 1枚・・・ ・・・・・・・・・298kcal

 

・コーラ 500mlPET・・・・・・・・・・・・・・225kcal

・三ツ矢サイダー 500mlPET・・・・・・・・・・210kcal

・ファンタ グレープ 500mlPET・・・・・・・・240kcal

・なっちゃん オレンジ 500mlPET・・・・・・・220kcal

 

ジュースって、ペットボトル単位でカロリーを出すと、なかなかカロリー高いんですね。

 

ファンタ1本飲む罪悪感と、板チョコ1枚全部食べちゃう罪悪感・・・。

ペットボトル飲料は速攻で空にしてもそんなにカロリーとった感がありませんが、

板チョコ1枚ってすんごくカロリーとった感ありますよね。

というか、単純に、

チョコレートを丸ごと食べる方がいけないことをしているような気持ちになりますよね・・・。

でもでも、数値で見るとそんなに大きく差があるわけではないんですね。

 

ほらほら、だんだん板チョコ1枚ってそこまで太らなそうだなって思えてきましたよね!

トドメです。

チョコ、痩せますからね。

 

 

 

 

 

 

まさかの、チョコレートは痩せる!

痩せますから。太らないっていうか、痩せますから。

 

チョコレートは、物と食べ方を工夫すれば、ダイエットに活用できます。

ここで、それを紹介していきます。

 

 

食前にチョコレート!?

ご飯の前に、チョコレートいっちゃってください。

チョコレートは血糖値を上げます。

血糖値が上がると、人間は満腹感をゲットします。

するとあーら不思議。

食べる量が減っちゃいます。

「いやいやそんなことしたらカロリーが・・・」

と思ったあなたは、チョコレート選びを工夫しましょう。

 

 

カカオ分の高いチョコレートを召し上がれ

 

チョコレートで効率よく健康的に痩せるなら、カカオ分70%以上のものを食べましょう。

明治のザ・チョコレートで言ったら、青ですね!

ハイカカオチョコレートはポリフェノールもたっぷりで、健康にもいいですよ!

血圧を下げたり、ほどほどのチョコレートの量なら美肌効果も期待できます。

※参照ページ 明治 5分でわかるカカオポリフェノールhttp://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/efficacy/ 

 

 

 

 

 

まとめ

 

チョコレートは太らない!!!!!

私たちはいくらカロリーを気にしていても、お菓子をはじめとした食品を、

パッケージ単位で消費します。

パッケージ単位で比べると、チョコレートのカロリーは他のお菓子たちと大差ありません。

むしろカロリーが低い場合も少なくありません。

もちろん、食べ過ぎはダメですが、それはどんなものにでも言えることです。

みなさんもこの記事を参考に、

美味しいチョコレートと上手に付き合っていく方法を見つけてくださいね。

 

おーしまい。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です