【明治チョコレート検定】写真付きで申し込み方法を徹底解説【受験方法】

スポンサーリンク



Pocket

チョコレート検定なるものが、存在するんです。

 

俺「チョコレートが好きかぁぁぁぁぁぁ」

俺「好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

俺「チョコレートに詳しいかぁぁぁぁぁぁ」

俺「そうでもないぞぉぉぉぉぉぉ」

俺「チョコレートの検定があるぞぉぉぉぉぉ」

 

こんにちは。

最期はチョコレートに溺れながら親指を立ててこの世を去りたい系ブロガーのこんたっきーです。

 

知ってましたか?チョコレート好きの皆さん。

 

明治主催の、チョコレート検定。

 

 

 

チョコレート検定の公式サイトを見ると、

 

2018年度の受験申し込みが始まっているので、

 

さっそく申し込んでみました!

 

 

この記事では、チョコレート検定の申し込み方をまとめておきます。

参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

チョコレート検定の申し込み方法

1、チョコレート検定公式サイトにアクセス

 

公式HPのSS

 

検定の受付はこちらです。

このページの緑色のバナーをクリックすると、申し込み画面に飛びます。

 

 

リンク先に飛ぶと、下の画面に飛びます。

 

2018年の8月7日までに申し込みなので、受験予定の方はお早めに。

このページの青の部分。

実施概要・お申し込みはこちらをクリックします。

 

受験会場は、

 

札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡

 

の、6会場です。詳細な場所は、受験生にのみお知らせがあるようです。

 

 

そしてスクロールして注意事項などを読んでいきます。

 

 

 

正直、普段はあまり注意事項を読まない私ですが、

今回は読んでよかったなぁと心から思いました。

みてください。

 

更に各級で成績上位5名様(計10名様)に

ミルクチョコレート一年分(360個)

 

 

やるしかねぇ

 

 

 

 

2、受験できる級は「初級」「中上級」「併願」の3パターン!

検定は、3種類の申し込み方・受験方法があるんです。

 

1、チョコレートスペシャリスト(初級)・・・・・・・・4,900円

 

2、チョコレートエキスパート(中上級)・・・・・・・・5,900円

 

3、チョコレートスペシャリスト・エキスパートの併願・・9,960円

 

 

各級の詳細はこちらの記事

 

明治さん、商売上手や・・・

 

私は併願にしました。高いけど、資格が必ず欲しいのでね!

 

そして写真にもある通り、

 

 

今、【早割】中なんですよ!!!

 

普通に申し込むよりお安くなっています!

 

みなさん、今がチャンスです!!!!!!!!

 

期間はなんと2018年2月14日(水)まで!

 

 

 

 

 

3、アンケートと支払い方法の入力

 

アンケートもちょっぴりあります

 

明治さんに媚びを売ってチョコレートへのアツい思いを書いておきました。

 

 

あとは支払い方法を入力したらおしまいです。

 

クレジットカード

コンビニ支払い

 

が、選べます。コンビニ支払いでは領収書が出ない点にご注意くださいね。

 

おめでとうございます。受験申し込み完了です。

 

 

試験日は9月17日の祝日です。

 

まだ半年以上ありますので、

出題範囲であるこのテキスト

チョコレート検定 公式テキスト2018年版 [ 株式会社 明治チョコレート検定委員会 ]

価格:1,620円
(2018/1/13 19:11時点)
感想(0件)

を、擦り切れるまで読み込んで試験に臨みたいと思います。

試験を受けたい!とか、資格が欲しいなんて日頃思いませんが、

これは欲しいですね!

 

試験というと、

「勉強しなきゃ・・・。」

というイメージがどうしても先行しがちですが、

自分の好きなことについて、つまり今回の場合チョコレートについてだと、

自分の知識がどんどん増えていく楽しさを感じることができ、

勉強しているという感覚が生まれません。

学ぶって、楽しい!ということを実感しています。

 

 

 

 

ーーーーーーー以下妄想注意ーーーーーーーーー

オレ「チョコレートエキスパートなんですよ私。」

 

オレ「え!?じゃあすごくお詳しいんですよね!?」

 

オレ「もちろん。ヒラッ(名刺)」

 

オレ「キャーーーーー!ステキーーーー!」

 

オレ「       」

 

 

現場からは以上です

 

 

おーしまい

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です