【DaiGo】お金の量≠幸せ【好きをお金に変える】

スポンサーリンク



Pocket

なんでもっと早く読まなかったんだろうか・・・

 

DaiGoさんの、「好き」を「お金」に変える心理学を読みました。

 

最近、めっきりテレビで見なくなったDaiGoさん

前から好きだった読書を生かし、様々なご活躍をされているようです。

 

そして今回の本。

一言でまとめると、自分に必要なお金の量を考えさせてくれる、そんな本でした。

【新品】【本】「好き」を「お金」に変える心理学 DaiGo/著

価格:1,404円
(2018/1/21 22:42時点)
感想(0件)

 

あなたはいくらお金を稼いだら幸せですか?

 

1000万?1億?100億?

 

なるほどなるほど。

そのお金、どう使うんですか?

 

大事なのは、そこなんです。

冒頭のコーヒーのくだりが最高にわかりやすかったです。

例えば、私たちがカフェでコーヒーを頼むとしましょう。

・・・

もし頼んだコーヒーがビアジョッキになみなみと注がれて出てきたら、どう思うでしょうか?

こんなにいらない、飲みきれない、もったいないなど、様々な感情がわき起こるはずです。

・・・

ところが、お金について起きた場合はどうでしょう。

予定されていたボーナスに比べて、、何倍もの額が振り込まれていたとしたら?

ほとんどの人はラッキーだと感じるはずです。

・・・

今の自分が美味しく飲めるコーヒーの量はわかっているのに、お金に関しては物差しがなく、適量がわかっていないからです。

 

たしかに。

お金の適量って考えたことありませんでした。

だってあればあるほどいいものだと思ってましたもん。

でも資産家の孤独死とかありますからね。

「お金の適量を知ること」が大切ですね。

 

 

 

好きなことには“再投資”

 

好きなことがある人は、それに集中し、お金を使うことが大切なんですね。

この話を聞いた時、アイスマン福留さんが浮かんできました。

アイスマン 福留(アイスマン ふくとめ、1973年4月18日 -)は日本アイスクリーム評論家東京都足立区出身、一般社団法人日本アイスマニア協会代表理事。

ー年間に食べるアイスクリームの種類は1000を超える。食べたアイスクリームのパッケージはすべて収集しており、コレクションとして数千点のアイスパッケージを保有している。高校卒業後、様々な職業を転々としたのち、まったく知識もないままIT業界に転身。その後独立し2006年に「変態企業カメレオン」を設立するが経営に失敗して家を失い事業を縮小。2010年から「コンビニアイス評論家」として活動をはじめる。その後多数のメディアに出演し「コンビニアイス」というジャンルを確立。「冬アイス」の流行にも寄与。

ウィキペディアより

この方はアイスが好きで、アイスを食いまくり仕事にしてしまった人です。

まさに、好きなことに集中してお金を使った人ですよね。

好きなアイスを仕事にし、それでお金を稼ぎ、稼いだお金をまたアイスに使う。

 

これって、株式の再投資と一緒なんですよね。

 

再投資は、複利効果という効果を生み、雪だるま式に資産を増やしていくことができます。

しかぁし、

好きなことって見つけるのが意外と大変なんですよね。

 

 

 

 

フロー状態に入れるものは何か

集中して時間を忘れて没頭していくことを、フロー状態と呼ぶそうです。

ちなみにゲームとかは熱中できるけど、ちょっと違うんですって。

 

自分だったらと考えてみました。

・車の洗車や整備をしている時。

・旅行中

・美味しいものを食べている時

 

んー。なんかの記事で似たようなことを書いたことがある気がする・・・

これか。

【アソビ人生】巻末付録に答えてみた③【あんちゃ】

2018.01.20

 

いずれにせよ、フローに入れるものは、好きなもの。

これを伸ばして仕事にするのがとってもいいそうですよ。

 

 

 

 

 

好きなことを「宣言する」

 

見つかった「好き」を「お金」にするためには、

「これ、できますよー。」

と宣言することが大切なんです。

周りの人に知ってもらうということですね。

言葉にしないと自分の価値って他の人に伝わらないんですもんね。

改めて気づかされました。

 

 

まだまだたくさんのいいことが書いてありましたが、

まずはこれくらい。

 

最近はあんちゃさんしかり、DaiGoさんしかり、

 

やる気にさせてくれる人がいて嬉しいです。

 

まずはブログを毎日更新、目指せ100記事!

頑張っていきます。

 

 

おーしまい










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です